第15話 つかんだ大金

まんまとカバンのすり替えに成功したチュンサムたち。シャンハイ・パクは約束どおり彼らに大金を支払う。初めて目にする札束にはしゃぐ仲間たち。だが一杯食わされたジョンジェは兄貴分のファリョン、シラソニ、サンカルのしわざと考え、彼らを襲う。一方チュンサムはヨンジと二人きりの時間を過ごし、彼女との暮らしを真剣に考えていた。その頃ヨムチョン橋の仲間たちはチュンサムの言いつけに背き、派手に金を使いまくっていた。

第16話 決闘

物ごいが豪遊しているという噂はすぐにジョンジェの耳に入り、ついにチュンサムとジョンジェは決闘することになる。仲間たちの前でジョンジェを叩きのめしたチュンサムは金をすべて映画館のヒョンドに預けてしまう。そんな中、ヨンジとチュンサムの仲はさらに接近し、二人は結婚を誓って婚約式を開く。その日は6月25日。ところがそこにハニョンが大慌てで飛び込んで来て北朝鮮の軍隊が攻めてきたと告げる。朝鮮戦争が始まったのだ。

第17話 戦場の仲間たち

戦争に行く決心をしたチュンサムと仲間たち。ヨンジは不安な気持ちを抱えながら実家の大田(テジョン)に避難することになる。戦場に向かったチュンサムたちは物ごいのハングリー精神で次々に作戦を成功させていく。戦場での彼らの働きは目覚しく、一目置かれる存在となっていた。ところが大隊長としてやってきたのはなんとチュンサムらの天敵、アベだった。アベは危険な任務を彼らに押し付けるのだった。そんな戦場にヨンジがやってくる。

第18話 人民軍兵士ミョンテとの再会

アベはチュンサムらを敵の陣地に残し、撤収する作戦を立てる。ヨンジは一足違いでチュンサムに会えず、無線で愛していると告げることしかできない。そんな時、敵の大群が攻めてくる。チュンサムは急いで退却を試みるが、アベ率いる大隊は作戦通り彼らを残して撤収してしまう。チュンサムらもあわてて逃げ出すが、途中でナルパリは捕まり、ノグリは負傷。チュンサムは人民軍兵士になった旧知のミョンテと思いがけない再会をする。

第19話 ソウル市街戦

エンムセは敵と思ってミョンテを撃ってしまう。ナルパリの行方も知れず、戦場をさまよう彼らはソウルに向かうハニョンの部隊と出会い、合流する。ソウルでは熾烈な市街戦が待っていた。そこに捕虜となったナルパリとトキが人民軍の楯として現れる。二人を助けるために危険と紙一重の作戦を練るチュンサム。二人は辛くも逃げ出すことに成功する。が、負傷したチュンサムは死亡名簿に載せられてしまい、それを知ったヨンジは…。

第20話 変わり行くソウル

休戦になり、仲間たちは皆無事に帰還した。負傷したチュンサムも回復し、再会を喜ぶ。古巣のヨムチョン橋に戻ると、そこは戦災孤児たちで溢れかえっていた。一方ジョンジェ、ドゥハンはともに対立政党から政治家を目指し、どちらもチュンサムを味方につけようと必死になっていた。だがチュンサムはヨンジの消息が気になって仕方がない。そんな彼に、チュンサムが死んだと思い込んだヨンジが自殺したという知らせが舞い込んで来る。

第21話 消えた勲章

ヨンジが死んだと思い込んだチュンサムは閉じこもって誰とも口を聞こうとしない。仲間たちは戦争での功績による受勲のために役所に行くが、アベの差し金でもらえるはずの勲章がもらえない。そのアベに取り入り、選挙を有利に進めようとするジョンジェ。対立するドゥハンは自分が議員になって勲章を取り戻すとチュンサムに約束する。そんな彼らのところに、ずっと居所のわからなかったカマギが突然帰ってくるのだが…。

第22話 新しい暮らしへ

カマギが無事に男の子を産んだ。誕生したばかりの小さな命を見て、元気を取り戻すチュンサム。ヨムチョン橋の仲間にも活気が戻り皆仕事に精を出す。その矢先、仲間の少女ジョンアが米軍のジープに轢かれるという事件が起こる。怒ったチュンサムは轢いた連中を探し出すが、逆に逮捕されてしまう。ジョンジェが手を回したおかげで無事釈放され、事なきを得るチュンサム。その頃、ソウルに戻ったヨンジはチュンサムを忘れられずにいた。

第23話 名付け親

選挙戦が本格化すると、チュンサムと仲間たちはドゥハンの応援活動を始める。その甲斐あってドゥハンは当選。負けたジョンジェの自由党陣営はドゥハンを抱き込もうと彼を逮捕させてしまう。その裏にはまたしてもアベがいた。追い詰められたドゥハンは彼らの提案を受け入れるしかなかった。ヨムチョン橋ではカマギがチュンサムに子どもの名付け親になってくれと頼んでいた。チュンサムはハマに頼めと言うのだが、カマギは聞かない。

第24話 すれ違う二人

チュンサムが生きていると知らされたヨンジはあわててヨムチョン橋に駆けつけるが、カマギの子どもをチュンサムの子と勘違いし、その場を立ち去ってしまう。時は流れ、ヨンジは喜宴閣のおかみとなる。映画館の社長になったヒョンドにだまされ、ずっとチュンサムを誤解していたヨンジはすっかり冷たい実業家となっていた。一方チュンサムは江原道で開拓団を組織、今や政治家からも一目置かれるほどの存在となり、3年ぶりにソウルに戻ってくる。

第25話 大学講師

チュンサムがソウルに戻り、ヨムチョン橋にはまた昔の明るさが戻ってくる。だが街の人々が相変わらず貧しいのを見て、チュンサムは心を痛める。ヨンジは投資を持ちかけるヒョンドにこれまでの恨みを吐き出していた。ヨムチョン橋に住み、孤児たちの面倒を見るミンジェはチュンサムに大学での講義を勧める。だが当日、緊張でうまく話せないチュンサムに代わって、学生たちの笑いと拍手を受けたのは物ごい仲間たちのほうだった。

第26話 ナルパリの初恋

チュンサムのいない間にドゥハンは落選し、ヒョンドは借金で首が回らなくなっていた。その頃ジョンジェとアベは自由党に人を集めるためにボクシング大会を企画する。ヨムチョン橋にはミンジェの学生たちが見学に来るが、ナルパリはそのなかの一人、ナニョンに恋をしてしまう。その夜チュンサムはキングスターで募金パーティーを開く。ドゥハンの他ジョンジェやアベもやってくる。そこにヨンジが姿を見せる。5年ぶりの再会だった。

第27話 差し押さえ

ヨンジとチュンサムはお互いの思いを噛みしめていた。数日後、ボクシング大会が開かれる。エンムセはトキを破って決勝戦に進むが、そこにヨムチョン橋が差し押さえられたという連絡が入る。倒産したヒョンドの仕業だった。ナルパリはナニョンの父親が有力者と知り、助けを求めに行く。が、そこにいた人物を見て愕然とする。一方、ヨンジはアベとジョンジェを喜宴閣に呼び、ヨムチョン橋の土地は自分がすでに買い取ったと告げる。

第28話 すれ違う運命の果てに

ナルパリはナニョンに相応しい男になろうと勉強を始める。開拓団は国家認定の福祉団体と認められ、自分たちの土地を手に入れるために出発する日にちが迫っていた。ヨンジは誕生日の食事の席にチュンサムを誘い、自分も開拓団に入れてほしいと頼む。そんな時軍事革命が起き、ジョンジェやアベとともに、ヨムチョン橋を守るためにジョンジェたちに賄賂を渡したヨンジも逮捕されてしまう。そして、運命の判決が下される。