第01話 王と大妃

あらすじ

朝鮮第19代国王 粛宗の妻、王妃・仁敬王后が若くし崩御した。
大妃は粛宗に王妃の死を知らせぬばかりか、国葬をも簡単に済ませろと命じ、これを知った粛宗は、大妃の冷たい言動に心が離れていく。
王妃の死は、派閥争いに揺れる朝廷にも大きな影響を及ぼした。
大妃と結びつき朝廷内で勢力を伸ばす西人派に対し、これを阻止したい南人派は、王族の一人である福善君とともに謀反の準備を進める。
しかし、この動きに気づいた西人派キム・ソクチュは、これを機に南人派の追放を企てる…。

次へ