イントロダクション
あらすじ:第13話

犠牲的な愛

ハンイーを愛していたのはイーテンだけではなかった。同級生のホーハンもハンイーへの想いを内に秘めていたのだ。ホーハンはフェイに、愛する人の幸せを願う"犠牲的な愛"もあると話す。イーテンはハンイーに誘われ、懐かしの母校を訪ねる。そこで出会ったかつての恩師は、二人がようやく結ばれたと勘違いし、二人を祝福する。学生時代の思い出がよみがえり、かつての感情が再び芽生える二人。一方でカンピンは、ついにリューレンを置いて去って行く。リューレンが"シャングリラ"が実在しない場所だと知ったのは、彼が白領公寓を出てしまった後だった。そして、フェイもまた、学校の舞踊公演を終えた後に、夢を諦めて故郷に帰る事を決心する。
あらすじ
登場人物
人物相関図
放送データ
掲示板
コリタメドットコム
©電廣傅媒股?公司. ALL RIGHTS RESERVED. ALL RIGHTS RESERVED.
※当サイトの画像、テキストなど、コンテンツの無断での引用、転載は著作権法により禁じられています。