心に残る名セリフ
 
【名台詞ランキング】
1位
(30話)

「世に知られた名医であれ、村の田舎医者であれ、人の命を扱う仕事はどの職業よりも高貴なものだ。
しかし、最後の一つが欠ければ真の医員とは言えぬ。
それが愛だ。
病に苦しむ人々を憐れに思う心、真に病人を憐れむ心を持って初めて心医になれる。
世の中が求める医員はただ一つ、心医だけだ」

2位
(60話)

「しかし、御医様を想う私の心は、ただ同じ空の下で共に生きていられるだけで幸せだったのです。 御医様は、死をもためらわず身分を越えた愛を貫かれました。
そして、御医様の奥様も、御医様のために、私ごときには真似もできない苦難の人生を歩まれました。
どうして私がそんな2人の尊い愛を汚せましょうか。 私は心から御医様を尊敬し、慕っておりますが、この想いは一生 胸の奥にしまっておくつもりです。
こんな私の想いが非難の対象となるならば、私は喜んで罪を受けますが、御医様は何もご存じなく、恋仲などとんでもありません。どうか信じて下さい」

3位
(43話)

「病は診ても患者の身分は見ず、治療はしても決して見返りは求めない。
どんな困難に遭おうと真心こめて患者を診る。
それが師が私に下さった教えです」

4位
(63話)

「正道に勝る道はありません。
永遠の権力などないのに、なぜ欲に目がくらみ、正道に背くのですか」

5位
(24話)

「昔、中国の王羲之が弟子に"非人不伝"と言った。人格を備えぬ者に礼法を伝授するなという意味だ。それなのにわしは、親子の情に流され、至らぬお前に医術を伝えてしまった。わしの過ちだ。
古人の教えに背いたわしのせいだ

6位
(64話)

「大地の中を流れる水のような方だった。
太陽の下で名を誇って生きるのは さほど難しくない。
難しいのは、誰にも気づかれず乾いた人の心を潤すことよ。
あの方はそんな方だったわ。
心の底から病人を愛する心医だった。
…私が死んで土に葬られ、流れる水となって出会ったら、その時は、その時は必ず尋ねてみるわ」

7位
(54話)

「今日、お寺で仏様を拝みながら、この苦しみも因果応報なのだと思った。
昔 殿下の寵愛を受けていた頃、王妃様も今の私と同じ苦しみを味わっていたはず。
私が懐妊した時の王妃様の苦しみは、もっと大きかっただろう。あの時の私は自分の幸せが人を苦しめ 傷つけるなんて思いも寄らなかった。
でも 今ならわかる。
苦しみの始まりは執着なのだと…。
欲を捨てれば、どこまでも楽になれるのだと…。
いま、死を前にしてそれを感じておる」

8位
(24話)

「医員は立身出世の道ではない。
金儲けの道でもない。
出世を望むなら中国語を習い訳官になるがいい。
金儲けがしたいなら商人になるがいい。
医員の務めは病人を世話することだ。
それが第1の務めで、第2も第3もなく、それがすべてだ」

9位
(8話)

両班だった私は漢陽に捨ててきました。
龍川であなたと出会い、消えかかっていた命を救われました。
あなたと共に山陰に行くと決めた瞬間から、あなたの運命は私の運命となりました。
これからの生活がつらくても、私の拠り所となるあなたの胸さえあれば、それ以上、何も望むことはありません。

10位
(23話)

“徳は孤ならず 必ず隣あり”

番外編

「ホンチュ~ン!」

 
【コメント】

たくさんの名セリフを挙げていただきましたが、上位3つはダントツでした。ドラマの核心でもある「心医」のくだりは何度も出てきましたね。ホ・ジュンの生涯はまさに心医を目指して歩みつづけた日々であり、それを支えたのがユ・ウィテから教えられた心医の心構えでした。
2位はイェジンがホ・ジュンとの仲を疑われ、殿下の御前に呼ばれて釈明した時のセリフです。誰に打ち明けることもできず、胸の奥底に秘めてきたホ・ジュンに対する思い。死ぬまで誰にも言わないつもりだった大切な思いをこんなかたちで語らなければならなかったイェジンですが、どんなかたちであれ口にしたことで、どこか吹っ切れたのではないかと思ったりします。
3位は「病は診ても身分は見ず」ですね。ユ・ウィテはそんな医員のあるべき姿を身をもって示しました。貧乏で賤しいと蔑まれる人々も、朝廷の高官や金持ちも、病に苦しむ同じ人間として同等に扱いました。ホ・ジュンはそんな師の姿から「病は診ても身分は見ず」という姿勢を身に着けていったのです。
最後に「ホンチュ~ン!」を名セリフの番外編として挙げさせていただきました。好きな脇役第1位に輝いたイム・オグンの名セリフですね。「ホジュン 特別版」の中で「ホンチュ~ン!」と言う時に秘訣を語っていますので、ぜひご覧ください。

© 1999 - 2000 MBC All Rights Reserved.
※当サイトの画像、テキストなど、コンテンツの無断での引用、転載は著作権法により禁じられていますので、絶対に行わないでください。