イェジンvsダヒ
あなたが生まれ変わるとしたら、イェジンとダヒとどちらがいいですか?
 
ダヒ派
愛する人と添い遂げる
どんなに大変で辛くても最愛の人と添い遂げられた
尊敬できる好きな人と添い遂げられた
やはり、愛する人を、愛する人の傍で支えたい
愛する人と夫婦になれた
やっぱり苦労をしても尊敬できて、かつ愛する人と暮らせる
大好きな人の子供を産めるのは女として最高の幸せ
ホジュンに生涯愛された
やはり影で想うだけでなく、愛する人とは生涯をともにしたい
ホ・ジュンの愛を得ることができた
やはり愛する人に愛されたい
やっぱり叶わぬ愛よりも、貧しくてもいつもそばにいて夫を支えられる妻の方がいい
妻として見習いたい!
夫を心から尊敬し信頼し、いつも陰ながら支えている姿
あくまでも夫を信じ尽くすところ
何があってもホジュンをひたすら信じ敬う姿がとても気高かった。一緒にいる時間は少なかったけどホジュンとの深い絆を感じた
あそこまで主に尽くせる人になってみたい
つらくても離れていても心はつながっていると確信できるから
一緒にいる時間は少なくても、お互いを信頼し、心はいつも通じていたから
決して泣き言を言わず、ホ・ジュンを信じたのがよかった
現代社会にはいない女性像
気高く、そしてたくましく!
貴族の娘なのにたくましくて生活力がある
妻・母・女性として上品な方で夫の愛で家庭や家族を守る
身分を越え、逆境に耐え一途に信じ前に進むところが素晴らしい
両班の地位を捨てて一緒になった一途さ
気品があって、芯が強くて堂々としているところが好き
自分の信念をつらぬいたから
イェジンはつらすぎるー!
イェジンは悲劇が多すぎる
イェジンのように報われない恋はしたくない
ダヒは愛する人と結ばれ子供をもうけるが、イェジンは結ばれもせず、犠牲となり、ひとり孤独に愛するのは辛すぎる
ラストシーンでかなりイェジンに揺れました。たとえ結ばれなくても、ダヒより長い時間傍にいられ一緒に仕事ができた。でも、やはり切なすぎる。ダヒはホジュンがあまり家に帰らず、経済的な苦労は計り知れず、でも高潔でいつも正論で彼を支え続けた。正々堂々と抱き合える妻の立場は強い。
 
イェジン 派
愛する人を陰で支える幸せ
ホジュンをいつも影ながら支えていきたい
好きな人を影で支えることも大きな喜びだから
同じ目的に向かって歩みたい
尊敬出来て愛する人の側で仕事をすることができ、支えることができたら色恋はどうでもいいと思う
ホ・ジュンと物理的に一緒になれなくても心から尊敬して想える
仕事の場で苦楽を共にできた
たとえ結ばれなくても大好きな人と同じ志を持って生きていける
常に一緒に医学のことを研究して、側で一緒に話し合えるから
ともに同じ目的に向かって進むことができる
心切ないけど、同じ仕事ができ、近くにいられる
自立した女性だから
報われずとも一途に愛したい
一途に人を愛してみたい
報われなくても一人の人に思いを寄せ続ける姿に感動した
切ない女心を抱いて生きていく人生に共鳴を覚える
見返りのない愛をつら抜いてゆく精神力
ただそばで見守ることしかできない切ない表情がステキ
一途にホジュンを想いそばにいるだけでよいという気持ちがけなげ
報われることのない愛なのにただ一人の男を愛し続けるなんてなかなかできません
報われない愛を一生の拠りどころとして気高く生きる姿
ダヒより強い悲しく意志を感じる(しかし、これは難問だ)
そばにいられる幸せ
愛する人とは離れても信じて待つよりも、そばで力になってあげたい
ホジュンと一緒にいられる時間が長い
好きな人の側にいられる
表に出せない気持ちでも、一緒にいられる幸せがある
イェジンの方がホ・ジュンと過ごした時間が長い
 
【コメント】

これはかなりの難問ですよね。家に帰らぬ夫を待ちつづけるだけの人生もつらいですが、報われない人を愛しつづけるのも切なすぎます。結果は僅差でダヒの勝利(?)となりましたが、できることなら愛する人と結婚して、毎日家に帰ってきてほしい…(t_t)。よく「ホジュン」の感想に「ダヒを見習いたい」と書いてこられる既婚女性の方がおられますので、ダヒ支持者は女性が多かったのではないかと思います。 では、男性はどうなのでしょうか? 女性でも難しい選択ですから男性の方にはもっと難しいかもしれませんが、まあ一番の本音をいえば「ダヒを妻にしてイェジンを愛人にする」というところでしょう。そして、女性の方は「二人とも女性の鏡であり比較できない」というのが一番共感できる答えですが、どちらかに生まれ変わるとしたら「どちらにもなりたくない」が本音かもしれませんね。

© 1999 - 2000 MBC All Rights Reserved.
※当サイトの画像、テキストなど、コンテンツの無断での引用、転載は著作権法により禁じられていますので、絶対に行わないでください。