日本の鍼(はり)よりすっごく太く見えるんですが?
そうです。
韓国で使われている鍼は日本の鍼の数倍もあるほど太いんです。

日本の鍼はしなるように細く、管のような中(鍼管)に入れてツボ(穴)に置き、鍼の頭をトントンと叩いて打ちますが、韓国の鍼はそのまま手でぐっと打つんですね。
やはり太いほうが刺激も強く、ずんと響く感じがあるようですが、ちゃんとツボにはまれば痛いというよりむしろ快感だとか。
管を使って打つ方法は日本ならではで、本場・中国も韓国同様、そのまま打ちますが、太さは韓国より細いそうです。

ドラマでは何度も鍼の場面が出てきて、しかも本当に鍼を体に打つところがアップで映し出されますが、あの手は実はホ・ジュンの手ではありません。
鍼の場面を演じる(?)スタントとして専門の医師が常に待機してたんだそうです。
© 1999 - 2000 MBC All Rights Reserved.
※当サイトの画像、テキストなど、コンテンツの無断での引用、転載は著作権法により禁じられていますので、絶対に行わないでください。