第39話 復讐が生んだ閻丈(ヨムジャン)

復讐が生んだ閻丈(ヨムジャン)清海鎮大使の大役を与えられたチャン・ボゴは、清海を新羅の海外交易の拠点とすべく、次々と改革を進めていた。

復讐が生んだ閻丈(ヨムジャン)なかでも商税廃止は大きな効果をあげ、長安一のファン商団を始め、ジャミ夫人までがチャン・ボゴとの取り引きを求めて清海鎮にやって来る。

復讐が生んだ閻丈(ヨムジャン)一方、剣ではチャン・ボゴは倒すことができないことを悟ったヨンムンは、復讐を遂げるためキム・ヤンのもとで閻丈として新たな人生を歩み出す。


コメント記事がある場合はクリックで開閉します。 この記事のコメント数(20)

コメントを投稿

トラックバック

海神-heshin 人物相関図 画像上をクリック:閉じる
拡大ボタンのクリック:実寸サイズ
マウスドラック:画像の移動