第25話 李師道の遺言

李師道の遺言 チョンファを連れて逃亡するヨンムンは途中で武寧軍の攻撃を受けて負傷し、チョンファを馬に乗せて一人逃がした後、自分はチャン・ボゴ率いる武寧軍の追撃に遭い、断崖に追い詰められる。

李師道の遺言 こうして戦乱は治まり、チャン・ボゴは功績を認められ武寧軍総管に任命されるが、それを辞して商団に戻る。

李師道の遺言 2年後、ソル商団の大黒柱となったチャン・ボゴは商団の命運を賭けた大きな取り引きに臨んでいた―。


コメント記事がある場合はクリックで開閉します。 この記事のコメント数(8)

コメントを投稿

トラックバック

海神-heshin 人物相関図 画像上をクリック:閉じる
拡大ボタンのクリック:実寸サイズ
マウスドラック:画像の移動