第20話 朝廷と反乱軍

朝廷と反乱軍 何の前触れもなく唐の宰相が揚州に現れ、ソル・ピョンに朝廷の軍商になるよう要請する。普通なら莫大な利益が望めるはずの軍商だが、今回は利益の保証はできず、代わりに在唐新羅人の地位向上を約束するという。

朝廷と反乱軍 他の行頭たちはみんな大反対し、結局、ソル商団とチョ商団だけでこの遠征を担うことになる。

朝廷と反乱軍 一方、宰相暗殺の任務を帯び揚州に潜入したヨンムンは厳重な警備になかなか近づけず苦戦するが、そこへ絶好のチャンスが訪れる―。


コメント記事がある場合はクリックで開閉します。 この記事のコメント数(7)

コメントを投稿

トラックバック

海神-heshin 人物相関図 画像上をクリック:閉じる
拡大ボタンのクリック:実寸サイズ
マウスドラック:画像の移動