第08話 辺境の地

国境の地城郭建築場は唐中の極悪人が集められるところで、クンボクが入った宿舎ではリュサという房長が囚人たちの上に君臨し、好き放題に振る舞っていた。

国境の地ある日、クンボクはあることがきっかけでリュサの怒りを買い、争いの末、ついにリュサを殺してしまう。

国境の地そして、クンボクがリュサよりも強いと知った建築場の監督は、クンボクを利用してひと儲けしようと企み・・・。


コメント記事がある場合はクリックで開閉します。 この記事のコメント数(14)

コメントを投稿

トラックバック

海神-heshin 人物相関図 画像上をクリック:閉じる
拡大ボタンのクリック:実寸サイズ
マウスドラック:画像の移動